ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

飾りたいオリジナルTシャツ

でき上がったオリジナルTシャツは着てしまうのではなくて、着ないでずっとお部屋に飾っておくというのもいいでしょう。

お気に入りの物はインテリアとしてディスプレイしておくのもいいアイデアですね。しかし、窓際に飾ってしまうと、日光にさらされてしまう事により色褪せなどが発生してしまう事もあります。太陽の光が直接当たらない場所に飾りたいですね。

また、ハンガーにかけて飾るというのもいいですし、自分なりにおしゃれなディスプレイ方法を考えるのもいいですね。

普段、頻繁にオリジナルTシャツを着るとどうしても洗濯を繰り返す事になりますので、劣化しやすくなってしまいます。手に入らない物だからこそ大事にしたいですね。

1枚当たりのオリジナルTシャツ

すべてを合計した価格は見積もりにて把握する事ができるかと思われます。しかしながら、オリジナルTシャツについては、一枚当たりの単価が知りたい事もあると思われます。1枚当たりのオリジナルTシャツの単価については計算してみる事で、算出する事ができると思われます。

会社のグッズとしてオリジナルTシャツを作る場合などであれば、なおさら価格について細かく確認し、比較を行っている人が多いかと思われます。少ない枚数のオリジナルTシャツを作るのであれば、価格の差はあまり気にならなくても、たくさんのオリジナルTシャツを作る場合であれば、後にかなり大きな差となってしまうという事も考えられます。

写真を入れたオリジナルTシャツ作成

オリジナルTシャツ作成をするためには様々な方法がありますが、オリジナル商品を製作する業者に発注すれば、自分の作りたいデザインや写真を使用して、世界に1つしかないオリジナルのTシャツ作成をすることが可能になります。

オリジナル商品を製作する業者は数多くありますので、自分の希望するTシャツのバリエーションやプリントの技法、値段や発注可能枚数などを考慮し、望むスタイルのサービスを提供している業者を選ぶと良いでしょう。発注から製作までは数日時間がかかりますが、思うようなデザインのTシャツを作成する際には、プロの力を借りるのも良いでしょう。

オリジナルTシャツの生地について

オリジナルTシャツを作るときにはどんな生地で作成するのか考える必要があります。 薄いものは価格が安く抑えることができ夏場などにピッタリですが、下着が透ける可能性があります。厚手のものは、丈夫に作られているためオリジナルTシャツを日常でも活用する予定で作成する場合は、何回洗濯しても丈夫な厚手の生地を選ぶのがいいでしょう。

また、厚さだけでなく素材も豊富にあります。スポーツの使用目的の場合は通気性に優れたメッシュ素材、伸縮性があるタイプのものを希望する場合はフライス素材というように、シチュエーションに合わせて選ぶといいでしょう。

オリジナルTシャツを作る時の注意点

もしあなたが友達の誕生日などにオリジナルTシャツを作成して、プレゼントしたいと考えている場合、一つだけ注意してほしいことがあります。それはデザインです。自分で書いた絵や、自分や友達の写真であれば業者さんからNGが出るような場合はまずないと言っていいでしょう。

しかし気をつけなければならないのが版権の画像を使用する場合です。例えば俳優さんの写真や、著作権のあるような画像については業者さんや、画像の内容にもよりますが、「これはちょっと」と断られてしまう場合もあるようです。私の友達は使っていた画像を急きょ影絵にしたと言っていました。

オリジナルTシャツを利用できるケース

オリジナルTシャツを注文すれば、職場のユニフォーム、イベントでのスタッフ用ユニフォーム、学校の活動やクラブ活動のユニフォームと様々な使い方ができます。お揃いのTシャツを着ることで、スタッフの士気が上がったり団結力が生まれることもあります。

使用後も残しておけるので、思い出にもなります。実店舗に行くことなく、インターネットで簡単に注文できます。Tシャツ、デザイン、フォントの種類が多いので、選ぶ作業も楽しめるでしょう。色違いで頼み、皆がそれぞれ好きな色を選んで着たり、一人でいろいろな色を着ることもできます。

オリジナルTシャツに関する記事

ページトップ