ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

詰まりにくい散気管

水をきれいにしてくれるという衛生管理の役割だけではなく、散気管は詰まりにくくしてくれる事もあるみたいですね。詰まると、長い時間その対応に追われてしまう事もありますが、散気管が詰まりにくい環境を整えてくれるのであれば、その時間を仕事に使う事ができますね。

お客さんがたくさんやって来る飲食店などにおいては、ちょっとの時間も大事でしょう。忙しい厨房ではフル稼働となっている事も多いみたいですが、優秀な散気管があれば、随分手間は省けるかもしれませんね。

散気管でスムーズに仕事ができる様になるといいですね。慌ただしい厨房であっても、散気管一つで気持ちよく仕事ができる様になるかもしれませんね。

散気管の役割とエアレーターの特徴

散気管は主に水槽や業務用厨房設備のグリストラップ、浄化槽、養殖場等の水処理に使用される散気装置で、圧縮した空気を気泡化して撹拌させることで水中酸素濃度を高め、微生物の代謝促進による浄化処理を効率的に行います。

しかし散気管は多孔質構造のため目詰まりが起こりやすく、通常の場合は用途的にも定期清掃やメンテナンスが必要不可欠ですが、下水や工場での水処理に用いられるエアレーターは従来の撹拌機能を特化した専用装置で、悪臭防止の他にも目詰まりや汚泥の堆積といった不具合が発生しない画期的な機能を備えており、清掃費や電気代の大幅なコスト削減を可能にしています。

微細気泡の発生に優れた散気管の魅力

微細気泡というのは、マイクロバブル・ナノバブルとも呼ばれ、それが及ぼす効果としては様々とあります。散気管は主に貯水槽などの底辺部に設置して、そこから微細な気泡を発生することで汚泥の沈殿を防ぎ浄化させる機能を果たすことが可能となります。

水中の酸素濃度を上げることができるため、微生物が発生しやすい環境になりその活発な活動を支援することもできます。また散気管のユニークな活用のされ方としては温浴施設に設置し、その微細気泡を発生させることで人体の毛穴に侵入し肌の汚れの浄化や圧力マッサージ効果でリラックスできる機能を果たすこともできます。

散気管を使用するデメリット

散気管を使用するデメリットを把握するためには、様々な知識や経験が必要となることがありますが、なるべく早いうちから専門性の高い業者のスタッフと打ち合わせをすることが望ましいといえます。

また、人気の高い散気管のアフターサービスの良しあしについては、取引先の業者の対応によって、大きなバラつきが出ることがありますが、まずは業者選びのテクニックを身に着けることが欠かせません。

その他、ニーズの高い製品の使い勝手の良さを知るために、空き時間を使いながら、同じような立場の人からアドバイスを受けることがポイントです。

散気管の使用方法

散気管は、液体中にガスを放出させる管の事です。主な用途は浄化槽や生物反応槽と化学反応槽に使用されます。水処理に対して効果を発揮する為、工場などの大量に水を使用する場合にも対応できます。

散気管を使用する方法を使えば衛生上の管理の徹底にも繋がり臭い対策になります。衛生上の問題が減れば無理などの侵入も減る可能性もあるのです。散気管の費用を抑える方法もあり、そのような方は省エネに考慮した管を選ばれています。

今注目されてる散気管には自由な長さで選べ高性能タイプがあります。非常に低コストで使用する事が出来るものです。

散気管ってどういうものなのか考えてみます

散気管ってどういうものなのか、言葉だけでは中々認識出来ないと思われるでしょうが、実は結構簡単です。散気管は、簡単にいうと「水槽なのでブクブクいっている泡がでる管」です。

つまり、水槽内の生物の空気用にブクブクで水性酸素を供給する機器と思ってもらえば大丈夫です。つまり、水槽の酸素を必要とする生物の酸素を供給するシステムな訳なのです。

これは色々な種類や構造がありまして、色々なメーカーやシステムがあるのです。水槽の環境や大きさ、魚の種類などでこのシステムは色んなものが考えられるので、説明させて頂きます。

散気管に関する記事

ページトップ