ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

相談したい離婚後の事について

結婚生活が長い夫婦の場合には離婚をする事もショックに感じられる事も多いと思いますが、離婚をする事自体よりも、離婚をした後の生活について相談を持ち掛ける人もいます。

専業主婦が離婚をすると、時には子供を養う必要があります。子育てと仕事の両立について相談する人もいます。また、相談内容としては慰謝料や財産分与など金銭に関する内容もよくあるそうです。

これからの具体的な事を相談に来る人も多く、やはり離婚の後も経済力が問題となる事もあります。弁護士などであれば、生活の費用についての相談も受け付けている事でしょう。これからも、今までと変わらず無事に生活を続けていく事ができればいいですね。

離婚協議を円滑に進めるなら弁護士に離婚相談

離婚する際、夫婦の間に中学生や高校生などの未成年者がいる場合は、その子供の親権者を誰にするのかを決めなければいけません。離婚届けには親権者を記入する欄があり、そこに記入がないと受理してもらえません。

子供の面倒を夫婦のどちらが見るのかを決めるのは、夫婦の話し合いによるのが原則ですが、どれだけ話し合っても決まらない場合は、家庭裁判所に調停の申立てをする必要があります。離婚協議は、夫婦間の仲が険悪で直接話し合うことが困難な場合もよくあります。そんな時は弁護士に離婚相談をして夫婦の間に入ってもらい離婚協議を進めていくのも1つの手です。

モラハラ離婚は発言などをしっかりと記録しておく

昔はあまり話題になりませんでしたが、最近は配偶者のひどい仕打ちなどによりモラハラ離婚をする人が多くなりました。

モラハラの内容としては、差別的な発言や人格を攻撃するような扱いなどがあり、モラハラ離婚を考えている人は、きちんとそういった被害を記録しておくことが重要となります。そういった配偶者からのモラハラについて、きちんと相談をすることができる弁護士などの専門家もいるので、一人で悩んでいる人は相談をしたほうが良いでしょう。

離婚相談も含めた解決方法を第三者の法律の専門家としてアドバイスをしてもらうことができ、良い方向へ向かって解決していくこともあるでしょう。

モラハラ離婚の原因となる人の周囲の評価

モラハラ離婚の原因となった人は、周囲からどのような評価や評判を得ているでしょうか。必ずしも、圧制的な人とみなされているわけではありません。むしろ人当たりが良く、世話好きという高い評価を得ている人も少なくありません。ではなぜそれほど良い人が、家族には冷淡非情な態度をとるのでしょうか。

他の人から認められたいあまり周囲に気を使い、その反動で家に帰ると、酷い振る舞いをしてしまうようです。つまり自分の限界を超えたことを行うことが、ストレスを引き起こしているのです。表面的な美徳を取り繕うことが、結果としてモラハラ離婚を引き起こしています。

弁護士を通したモラハラ離婚

これからモラハラ離婚に向けて手続きを行いたいという場合には、ぜひ弁護士を通してモラハラ離婚を行う事をおすすめします。モラハラ離婚を行う際には、被害を受けている人が、弱い立場にある場合も多く、対等な立場でモラハラ離婚の話をするのが難しい事もあり、その場合には、好ましくない条件で離婚が成立してしまう事もあるかと思われます。

そうなれば後になって困る事も多いと思われますので、最初から弁護士に相談した上でモラハラ離婚を進める事をおすすめします。内容について納得できない場合には、そのまま条件を受け入れるのではなくて、少し話を保留にして、しっかりと話合いを行った方が好ましいと思われます。

よく検討したいモラハラ離婚

やはり相手のモラハラが辛いと感じた場合であったとしても、モラハラ離婚をしてしまうと、これまでとは違って、自分一人で生活していかないといけません。モラハラ離婚をするのであれば、自分の感情だけではなくて、やはり具体的にいろんな事を考えておく事も大事でしょう。

モラハラ離婚をするのであれば、やはりよく検討するという事が大事になってくるのではないでしょうか。簡単にモラハラ離婚を決断してしまい、後で困るという事がない様にしましょう。時として、相手から距離を少しおいてみて、モラハラ離婚について考えるのもいいかと思われます。自分の中で、決断がしっかりとできるまで考えてみるのもいいでしょう。

離婚相談に関する記事

ページトップ