ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

オリジナルTシャツの魅力

学生の頃に、体育祭や学祭でオリジナルTシャツの
Tシャツ作成をしたことがあるという方は少なくはないのではないでしょうか?

クラスメイトやチームメイトとお揃いのTシャツを着るだけで、
一体感を感じることができるので、イベントがさらに盛り上がります。

シンプルな形にプリントやメッセージを込めるだけで、
周囲へのインパクトも大きくなるので、普段からホームパーティなどで
作成してみてはいかがでしょうか。 FBにアップしても盛り上がりそうですね。

デザイナーによる個性溢れるTシャツも良いですが、
個人でも簡単に制作できる手軽さと、世界に二つとないオリジナルデザインが
オリジナルTシャツの魅力です。

仲間との連帯意識を高め、きっと仲間同士の団結力も更に深まることでしょう。

デザインに自信がある人はオリジナルTシャツ作成をしてみてはいかがでしょうか。
案外、簡単に作成できてしまうので、お父さんやお母さんのTシャツを作ってあげると喜ばれるかもしれませんよ。

飲食店のイメージアップにオリジナルTシャツを!

店員が統一したデザインのオリジナルTシャツを身につけている飲食店は、客の目から見るとたいへん魅力的に映ります。特にラーメン店やカフェ、リーズナブルな居酒屋などのカジュアルなお店の雰囲気によく合うでしょう。

オリジナルTシャツの作成はたいへん簡単です。インターネット上で注文ができる通販サイトがありますので、希望のデザインや色、入れる文字などをオーダーし、発注枚数を決めるだけで完了します。

比較的低いコストで、飲食店のイメージアップにつなげることのできるオリジナルTシャツ作成について、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

オリジナルTシャツ作成するときの厚さは何オンス

サークルや同好会でお揃いのオリジナルTシャツを作ったりするときに、お店の人に「生地の厚さは何ozにしますか。」と聞かれ、困った人が大勢います。この「oz」とは一体何なのでしょうか。詳しくお話をしていきます。

オリジナルTシャツ作成のときに聞かれたozはオンスと読み、Tシャツの生地の重さを表しているものです。Tシャツはアメリカから普及したものなので、日本には馴染みのない単位であるozを使っているのです。

オリジナルTシャツ作成では、どの様な場面でTシャツを使うのかを考えて厚さを決めるとよいでしょう。参考までに、3.9ozだとかなり薄いTシャツになってしまいます。普通に使うのなら5から6oz位がおすすめです。

オリジナルTシャツ作成で転写って可能?

オリジナルTシャツ作成で、転写をすることは可能です。この方法には、アイロンシートを用いる場合と、業務用の転写機を用いる場合があります。前者は、自宅で行うことができるため簡単にオリジナルTシャツ作成をすることができます。

しかし、仕上がりがやや雑で、プリントした部分とそうでないところの境目が目立っていしまいます。また、洗濯などではがれやすいという欠点もあります。その点、業務用の機器を使った場合は、アイロンを用いた場合と比べて、はがれてしまいにくく仕上がりも良いという特長があります。そのため、業者を利用した方が満足度は高いです。

オリジナルTシャツは1枚から作ることができる?

オリジナルTシャツというとクラス単位で作成したり、部活で作ったりするというイメージが非常に強いため、ある程度まとまった数がないと作れないのではと考えている人も多いです。

しかし最近では大きな生産をするような所だけでなく、個人でも頼みやすいような、小さなバッチから対応してくれるような業者さんも増えてきており、一番少ない枚数だと1枚から作ることもできます。

最低バッチが下がったことによって、今までよりも個人で発注しやすくなりました。「友達の誕生日に作りたいけど、10枚以上でないと発注できない」などと言った悩みが解消された形になります。

クオリティの高いオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作成する中で、どうせ作るならとクオリティが高い物を目指す団体もあると思います。そのような場合においては、デザインも大切ですが業者選びも非常に大切になってきます。

扱う素材やクオリティは、業者によって大きく異なってきますので、しっかりとしたセレクトが必要になります。そのことをしっかりと確認したうえで、やりとりをしていくことが非常に重要になってきます。インターネットで閲覧すると、クオリティの高さに自信を持っている業者も数多くありますので、ある程度絞って問い合わせをしてみることをおすすめします。

オリジナルTシャツに関する記事

ページトップ