ファッション辞典 ~個性豊かなオリジナルTシャツ~

散気管導入の実績が多い会社

会社を設立してから間もない間などは、散気管導入の際にどの会社を選ぶべきか、という事で迷う人もいるかと思います。

散気管は会社により構造などは異なります。過去の導入実績を参考にしてみるというのはどうでしょうか。実際に散気管導入の事例などについては、ホームページ上に掲載している事もあります。

散気管を長年取り扱っている会社であれば、いろんなケースに対応してもらえそうな感じがします。顧客からも信頼がある会社であれば、メンテナンスが必要な散気管も安心して購入できそうですね。

大事な設備投資となるかと思いますので、慎重に導入する様にしたいですね。コストのみならず、信頼という点に注目してみるのもいいでしょう。

散気管の酸素溶解効率を補正するアルファ値

酸素溶解効率とは散気管などで水中に空気を吹き込んだとき、どれだけの量が水に溶けたかを表すもので、清水で測定したカタログ値を用いているのが普通です。実際に使用するものは汚れた水なので、カタログ値と比較して酸素溶解効率は低くなります。

そのため実用的な判断基準にアルファ値を用いています。アルファ値は排水を想定した液体でテストをおこない、実用に足る数値を出していますが、実際の排水の種類や含有物はさまざまなので公定的な手法はありません。アルファ値は海外で重視されていますが、国内での見解はさまざまで一部見直しを求められています。

散気管を設置する場合、ディフューザーの選定は重要

散気管から送り出される気泡の大きさは超微細気泡から荒気泡まで有り、先端に取り付けてあるディフューザーの形状により溶解効率などは違います。

散気管の設置場所は一般家庭の浄化槽や飲食店なら排水途中にあるグリストラップ、養殖場の水浄化、工場廃水の処理槽などさまざまです。気液混合ばかりが設置の目的ではなく、槽内を撹拌し堆積による腐敗や臭気の防止にも用いられます。

用途により求められるディフューザーの酸素溶解や撹拌などは、効率が上がるほど送風機などのランニングコスト削減につながるものなので、機器の選定は重要になります。

散気管によるマイクロバブルの効果

散気管から水中へ供給する気泡には、密度の差により生まれる上昇しようとする浮力と、水の粘性による下向きの力が働いています。

マイクロバブルのような細かな気泡は、水中での上昇スピードが遅いので水との接触時間や面積が多くなり、酸素の溶解効率が高まります。逆に大きな気泡ほど浮力が増すので上昇するスピードは速く、酸素との接触時間が短いため溶解効率は低下します。

マイクロバブルは通常の散気管から供給する気泡に比べて、槽内を均一に撹拌できるので酸素の溶解効率が高いばかりか、槽内の有効処理面積の拡大にも期待できます。

超微細気泡の散気管の利用方法とは何か

散気管は液体の中にガスや空気を送り込むために使用する物で、その用途により様々なタイプが有ります。中でも超微細気泡のタイプは、液体の中にある物質を取り出す為に、この物質と化学的に結合しやすい物質を送り込み結合させて取り出すのに適しています。

化学結合を行うことで異なる物質となるほか、排水処理に使われる散気管では超微細気泡として注入することで汚染物質と結合しやすくし、より多くの物質を取り除くことができます。化学結合は物質同士の粒子が細かいほど起きやすいということが有るからです。

散気管は様々な種類が有るので、その特性を理解し用途に応じて使い分けることが大切です。

水生生物を守る散気管

自宅で金魚などの魚を飼育している場合に、水槽に必ず設置するのが散気管です。パイプにメッシュがついたものが多く、ぷくぷくとガスを放出するパイプ状のものです。

活魚、養殖場、浄化槽でも散気管は使用されており、水質を保ち、果ては水生生物の生命を守る役割を担っています。

最近では、メンテナンスする手間が最小限に抑えられた散気管もあり、コストも安い商品が開発されています。素材も強固になっています。浄化槽の場合、メーカによって部品が異なりますので注意が必要です。高価なものなどは、1年間保証やメンテナンスにも対応してくれる業者を選ぶと安心です。

水槽に使用する散気管の種類はどれくらいあるのか?

水槽に使用する散気管は一般的にエアレーターと呼ばれていますが、一体どのような種類があるのでしょうか?水槽にも様々な形状や、サイズ、質のものがありますが、それと同じようにエアレーターにも種類があるのかどうか気になります。

形状としてはU字もしくはストレートタイプがあります。水槽が大きいものでしたらU字の散気管の方が使用しやすいですし、そこまで大きな水槽でないのであればストレートタイプの方が使い勝手がいいです。またメッシュの細かさも小さいものから大き目のものまでありますので、そちらは飼う魚の種類や、自分がどれくらい水槽を掃除できるのかなどによって変わってきますので、そちらをよく考えた方がいいです。

散気管に関する記事

ページトップ